悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 終戦の日に思ったこと

<<   作成日時 : 2013/08/15 11:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は終戦の日ですね。

ご冥福をお祈りすると共に、戦争に対する想いをからめ書いときます。

愚痴っぽくなっちゃうかな、なので、読みたい人だけどうぞ。



亡き父は戦争体験者です。
あまり戦争のことは語りませんでしたが、ロシアに抑留されていました。
兵士ではなく、飛行機の整備をしていたようで、手に技術があったおかげで
「将校の家で暮らすことができ、人並な生活はさせてもらえた」
ということは聞いた覚えがあります。

画像


ちなみに0式戦闘機の技術者だったようで、
エンジン回転数に同期させてプロペラの間から照射するように・・・なんて話聞いた記憶が、


ただ兵士として捕虜になった人たちの生活はそれはひどいものだったらしいです。
「多分兵士だったら日本に帰る前に凍死、餓死していたと思う」とも言っていました。

何度となく、一緒に抑留されてた軍人の方からお礼の手紙が来ていたの覚えています。
内容はうろ覚えですが、○○くんのおかげで生き延びることができ感謝の念に堪えません・・・・
のような「心」のこもった内容でした。
父は自分に与えられた食料や衣類など物資を彼らに差し入れていたようでした。

優しい父でした、怒られた記憶もほとんどない。弱音をはいてる姿も見たことがない。
脳梗塞で倒れた時も医者がびっくりするぐらいの回復力で仕事に復帰して・・・
「あの時の辛さを思えばこんなことたいしたことない」と言って・・・

戦争のことはほとんど語らなかった父ですが、多くの仲間が犠牲になった戦争には
許せなかったとともに「心」痛めていたようです。

戦争が可能になるような憲法改正は絶対してはいけないと思うんですよ。
日本がすべきは戦争をさせないための行動だと思うんですが違いますかね。
武力を武力で抑えたって傷だけが残って何の解決にもなっていないのは歴史が
証明してると思う。

最近「心」がないなと思うことが多いです。
福祉ひとつとっても「心」のない法案ばっかな気がするのは自分だけかな。

要支援なくすだの、特養に入れるのは要介護3以上だの、生活保護費は削減だの
大胆な金融緩和で急激に増えてる借金(6月に1000兆円超え、12月には1100兆円)
の穴埋めに福祉にかかるお金減らすっておかしな話ですよね。
消費税だって、結局なんに使われるんだか、しかもたった3ヶ月の景況判断で決めるって
・・・

なんか話がずれてしまってますかね、
でも国が「心」ない貧困ビジネスしてどうするんだよって感じです。

やっぱ愚痴になっちゃいましたかね。

でも言いたい

取り戻せ日本ではなく、取り戻せ「心」

と。。。。


画像

書道家 岡西佑奈さんの心シュアさせていただきました。

※貧困ビジネスとは
ホームレスや派遣・請負労働者など社会的弱者を顧客として稼ぐビジネスのことで、NPO法人(特定非営利活動法人)もやいの湯浅誠事務局長が提唱した言葉。弱者の味方を装いながら、実は彼らを食い物にするもので、代表的な貧困ビジネスにネットカフェ、住み込み派遣、ゼロゼロ物件、無料低額宿泊所、消費者金融、ヤミ金融などがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
しょうがないですが、毎年この時期になると、終戦の話題になりますんね。でも、多くの犠牲があったことはいつも忘れてはいけませんね。
nas-nas
2013/08/15 22:17
終戦当日、オヤジは、子供で、富山県に住んでいて、海に行く途中、暑い昼だったようです・・・。
最近の自民党の右傾化は、ハッキリ言って反対です。
ですが、福島県小名浜の市場のイベントホールで観た、東日本大震災のパネル展示での、自衛隊員の活動には、頭が下がりました。
さんちゃん
2013/08/16 09:41
nas-nasさん、こんにちは♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
そうですね、多くの犠牲があったこと忘れてはいけないですね。
そして2度とあのような悲劇を繰り返さないためにも・・・
悠夢
2013/08/16 11:27
さんちゃん さん、こんにちは♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
自衛隊は絶対必要ですよ。ただ軍隊にしてはいけないと思います。災害で身を粉にして活動した彼らを殺人兵器にしてはいけないと思うんです。戦地から帰国したアメリカ兵の悲惨さを見るに付け、なんの罪も無い市民が巻き添えになって死んでいく戦争はしてはいけない、日本はその経験を忘れてはいけないと思うんです。
アメリカの軍の裁判では上官が撃てと言って撃たなかったら
たとえそれが子供だろうと撃たなければ死刑という最高刑に
処せられることもあると聞きます。帰国して精神が壊れない方がおかしい。実際戦地で死ぬ人数の数倍が帰国して自殺などで亡くなってる、異常なことだと思います。
日本も自衛隊を国防軍にして軍の中に裁判所を作ろうとしてます。危険なことに思います。
悠夢
2013/08/16 11:56
こんばんは〜。胴体銃のプロペラ同調装置ですか。と言うことはメーカーの技術者様だったのですね。ご存命なら、悠夢さんを通じて興味深いお話が聞けたかも・・・。抑留に関しては結局見殺し、「生贄」にされた感じが・・・。弱者切捨ては「お家芸」なんですかね・・・。
粘着留男
2013/08/16 19:38
粘着留男さん、こんばんわ〜♪
エンジンのこととか、色々聞いた記憶はあるんですが
小学生だったので、内容まではあやふやなんですよね。
「お家芸」なのかもしれませんね。悲しいことですが、、、
悠夢
2013/08/16 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
終戦の日に思ったこと 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる