悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 知人にユーザー車検 を頼まれて 。。;・(ノ

<<   作成日時 : 2009/09/21 03:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

少し前になりますが友人の知人の車(ややこしい)の車検を頼まれ
軽自動車検査協会に行って来ました。・・(ノ

車検をとる車はダイハツのオプティ
画像

1997年式の古いやつで、持ち込みにはちょっと抵抗感じちゃうものですが・・

前もって軽自動車の持込検査の予約をして、
(詳しくはユーザ車検手続き ←ここクリックをご覧ください)

一応下回り確認、オイル漏れ、ブレーキパット、ドライブシャフトブーツ等確認、
ライト周りも確認して。。。。。
で、一箇所確認忘れてて・・・後で冷やたらーな事件に(←大げさななな、)
検査協会に向かいました。

画像




必要書類は。。。
@車検証
A納税証明書
B自賠責保険証書(検査協会の隣の建物で継続しました。)
C自動車検査票(検査手数料証紙貼り付け*軽自動車の場合1400円)
D自動車重量税納付書(該当重量税分8800円の証紙を貼り付け)
EOCRシート3号様式。(50円)マークシートの記入用紙です
G点検整備記録簿(前回の点検記録簿をコピーして使用)

B〜Eは検査協会で用意します。
 
書類が揃ったところで受付で手続きをします。
予約番号を記入するので必ず予約番号は控えていきます。

画像



受付が済んだらいよいよ検査です。

といっても難しいことは一つもなく親切な検査員の指示通りにすれば誰でも
できちゃいます。

コースに入る前にホイールカバーは忘れづにはずし、ボンネットは、
ロック解除した状態にしておきましょう。

進入の合図がでたらコースへ。

一応一連の流れは

@「同一性確認と外観検査」
ユーザー車検が初めての人は検査官に「はじめてなんで、宜しくお願いします」
と断っておくととても親切に対応してくれます。
整備士気取りでいくと冷たくあしらわれるかも・・・・・・。・゚・(ノД

●まずボンネットを開けて、型式、車台番号、エンジンの機種が
車検証を適合しているか検査されます。
また異常なオイル漏れなどがないかも簡単に検査されます。

シートベルトとか、内装も簡単ですがチェックされます。発炎筒は忘れずに!!

A排ガス検査
●排ガス検査のテスターをマフラの中に突っ込みます。とんでもなく古い車(キャブ車)や
改造をしていなければまず問題ありません。

B「サイドスリップ検査」
ココからは検査場のレーン内に進入です。
サイドスリップ検査とは、両輪ホイルが並行状態になっているか
検査するものです。テスタ通過中は絶対にハンドルを切らないよう注意します。
テスターに乗ってからハンドルを切ってしまうと必ず「X」になるので、進入前2−3m手前で
完全な直進状態を保っておきます。サイドスリップが狂ってるとタイヤの片べり等編磨耗するので、
均一な減り方をしていればまず問題ないです。

確か±5mm以内で合格なのでそれほどシビアではありませんね。国産車ならまず問題ありません。

ベンツとかは厄介で、-3〜-4mmが規定値になってたりするので、落ちること多いです。


Cヘッドライト検査
上向きの状態で光軸を検査します。一番落ちる可能性が高いですね。水平な壁にライトを向けて
調整もできますが、難しいです。もし落ちたらテスター屋さんに調整してもらいましょう。検査場のそば
に調整してくれるテスター屋さんたいていあるので・・・。結構いい金額取られますが・・・

Cスピードメータ検査
ローラーの上に駆動輪を乗せ、Dレンジに入れて加速、40kmでパッシング合図を送ります。
よっぽどサイズ違いのタイヤ履いてない限り問題ないですね。

Dブレーキ検査
フットブレーキならびにサードブレーキの検査です。スピードメータ検査と同様、
ローラの上に車輪を乗せ回転するローラを確実に止められるかが検査されます。
中途半端に踏むと×が出るのでおもいっきり踏み込みます。

E下回り検査ならびに灯火装置検査
いよいよ最後です。普通車検査では地下に検査官が控えていますが、軽自動車は
運転者ごとリフトアップされます。(車重が軽いからかどうかはわかりませんが・・)
A)タイヤホイールの締め付け、ハンドルのがた、舵取りの不具合がないか、
 ハンマーによる打音検査
B)灯火装置目視検査
C)ワイパー装置(フロントのみ)の作動検査
D)ホーンの作動検査

以上で検査は終わり。

問題がなければ受付に書類出して、車検証とステッカーもらって終了です。

もし不具合があった場合はすぐ治せるものであれば当日中であれば再確認の上
車検証出ますが、簡単に直せない場合は・・・指示にしたがって下さい。
普通に不具合なく乗っている車であれば普通に車検は通ります。

ということでオプティは・・・

最後の最後で、ホーンがなりましェ=ン。 ・゚・(ノ(泣)


クラクションの点検は・・・・してませんでした。

おぉ=なんということだ・・・・

リフトアップされた車のなかで

冷やガタら〜

検査コースを出て

(^ε^)-☆Chu!!しゃスペース・・・じゃなくて
注射じゃなくて、
駐車スペースでとりあえず点検

ヒューズは・・・問題ナッシング!

スイッチか、リレーか、ホーン本体か?

スイッチ部の導通は問題無しで、残りはホーンか、リレー

スイッチ押してもリレーの作動音がしないのでリレーの故障か?

取り敢えずリレーを軽くドライバーの柄でコンっとを与えると

ぷぅー」っと、さすが軽って感じの情けない音が・・・

多分ほとんど使わないためリレーの端子が張り付いちゃったっテ感じですかね

取り合えず検査員に鳴ることを確認してもらいOKの印もらって受付へ

無事車検終了。

何年ぶりかの軽自動車のユーザー車検、検査場は新しくなっているし
かなりりまくりでしたが・・・。

自分でやれば法定費用だけ、軽自動車なら3万円でおつりがくる
ユーザー車検はお得ではあります。(ディーラーだと安くて5〜6万円?)

あくまで自己責任の作業であり、ある程度の整備できることが必修ではありますが。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほほ〜。なんか、自分でも行けそうですね〜。でも、何かあったら、対応できないので、やっぱり無理だ。悠夢さんはすごいです。車検って、もう少し、しっかり検査してほしいなぁ。
フルブラウザnasーnas
URL
2009/09/21 07:58
nas-nasさん、おはようざます。改造車でもない限り車検は問題なく受かりますね。というか、少なくとも日本のメーカーは2〜3年で車検通らなくなるような粗悪な車作りませんから・・・。ま、検査自身はしっかり点検整備されていることが前提デスので・・・。陸事の検査官はさすがプロですから、かなりしっかり見てます。民間の安すぎるまたは高すぎる車検は怪しいです。何も見てないか、思いっきりぼってるか・・・?医者選びと同じで、修理工場もチャンと選ばないと痛い目見ますね。
悠夢
2009/09/21 11:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
知人にユーザー車検 を頼まれて 。。;・(ノ 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる