悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ホワイトカラー・エグゼンプション(WE)制度」

<<   作成日時 : 2013/07/19 23:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

「ホワイトカラー・エグゼンプション(以下WEと記します)制度」

って知ってます?

4月ぐらいにちょっと話題になりかけたけど

選挙戦突入でまったく聞かないんだけど・・・

WEって、WE制度が生まれた米国には勤務時間の規制はなく、

雇用主が労働者に週40時間以上の時間外労働をさせる場合には

5割増しの賃金を支払うことを義務づけている。ただし、一定の収入と役職以上のホワイトカラーは

その割り増しを除外されている。社員はそれでも困らない。

「米国では原則として社員を契約で決めた以上の時間は働かせないし、

社員も残業代をあてにしていない。エリートビジネスマンには土日も

休まずに働くケースは少なくないが、それは成果主義が徹底されていて

働くだけ収入が増える見込みがあるからです」

サービス残業は絶対タブーだという。

「経営者は契約した労働時間でどれだけ仕事を処理できるかで

社員の能力を判断し、そのプロジェクトに何人のマンパワーが必要かを計算する。

それなのに、社員の1人が無給で残業して仕事を進めるとどうなるか。

経営者にはその仕事が実際より少ない人数でできるという間違った認識が生まれる。

それでは次に同じ仕事をするメンバーが正確な評価を得られなくなる。

だからチームで仕事をする場合はサービス残業は厳禁なのです」

一方

欧州諸国は失業を減らすためにワークシェアリングを重視し、

労働時間に厳しい規制をかけて残業を「悪」とみなしている。

ドイツは残業の割増賃金制度がなく、管理職は労働時間の規制が適用されないというだけだ。

フランスやイギリスのWEに相当する制度も、管理職や専門職を労働時間規制の対象外とし、

「残業代ゼロ」でただ働きさせるわけではない。←違ってたらすみません。

どちらの考え方も私的にはもっともな気もするのですが・・・


さて、日本のWEはどうなんでしょう?


この制度は第1次安○内閣のとき決められなくて

4月に奥○さんが提案してちょっとだけ話題に・・・

で、日本のWE制度はというと

もう企業にというか経営者にはおいしい、おいしい内容


だって、一定収入以上のホワイトカラーを労働基準法の

労働時間規制の対象から除外(エグゼンプション)し、

管理職同様、何時間働いても会社は残業代を支払わなくていいようにするもの

ひと言でいえば、「残業代ゼロ制度」

サラリーマンはサービス残業してくださいね、

残業代は管理職同様出ませんけど

この仕事終わったら帰ってもいいですよ。

今週はこれだけお願いね、

今月はこれだけやってもらわないと・・・・

がまかり通ってしまうせいどなんです。

経営者は最高だよね、残業代払わなくていいんですから

三六協定とか関係ないもんね〜

とかなりかねないです。

ブラックな企業なんて最高の制度だよね、

そういえばブラックで有名な和○な企業からも自民公認で

選挙出てたっけ・・・



8時間で終わる仕事を10時間も12時間もかけて終わらすようでは

残業代払う必要はないと思うけど、

どんなに頑張っても10〜12時間かかる仕事

与えてサービス残業にされてはね、、、

しかも4月の奥○さんの提言なんか、サービス残業中の保障はしないと

ようはサービス残業中に倒れたってそれは会社の責任じゃないよってこと?

そういえば「クビ切り合法化法案」なんてのあったような・・・


国債にしたって(下の囲み記事、良かったら見てね)

何にしたって、アベノミクスに浮かれてる場合じゃないような気もするのですが・・・


なんか

「日本を取り戻すって」

一体いつの日本取り戻すのかな?

なんかね選挙戦突入して都合の悪いことは一切言わなくなった気が

←毎度のことかな



明後日は投票日ですね、どうしましょうかね

生涯入れることはないと思っていたとこに入れましょうか?

あえて死に票・・・・


たぶん選挙終わればこのWE制度も決まることになるのかな?



【  日本の国債問題 !!  】

黒田日銀総裁が現在行なっていることを改めて考えると、
国債バブルもいよいよ最終局面に入り、
破綻に向かう最後の道に進んでいるように感じます。

毎月7兆円から7.5兆円という途方も無い日銀による市場からの
国債買い入れにより、今までと全く違う局面が訪れています。

今まで何度かヘッジファンド等による国債市場の売り崩しがありました。

しかしこれまでは一度もそれによって国債市場が暴落し続けたことはありません。

日本の多くの機関投資家にとっては、その局面は非常に良いチャンスとなり、外資の売り分をまとめて買い上げていったのです。

地方銀行や信用金庫、生保、農協など、都銀に比べて高い調達金利の中、
特に地銀・信用金庫の場合、地域の製造業が衰退もしており、
預かったお金を貸出する先がないのです。

彼らにとってみれば、外資の国債売り局面で、金利が上昇し、高い利回りの国債を購入できることは、絶好の運用チャンスとなったわけなのです。

預かる現預金がどんどん増える中、大きく融資できる相手もなく、
運用できる先がない状況にあり、
国債以外ではほとんど資金を運用できない状況にあったわけです。

今回ここに大きな変化が訪れました。

日銀が市場で大量の国債買入を行うため、国債価格は上昇し、金利は下がっています。

3年、5年程度の国債では、地銀・信用金庫の1%の平均調達金利を賄えないのです。

彼らの所有する国債の保有期間がどんどん長くなっています。

10年もの国債でさえ、金利が下がってしまい、銀行の調達金利をまかなえません。

銀行を経営し続けるために、存続させ続けるために、
消去法で、より長い、リスクの高い国債を保有せざるをえないのです。

黒田日銀総裁はインフレ率を2%まで上昇させると言っています。


インフレ率が2%になれば、長期金利は3%まで跳ね上がることになるでしょう。

その時、既存の金融機関が所有する国債には、大きな含み損が発生することになります。

多額な不良債権が発生したとき、自己資本比率は大丈夫なのか?

日銀、国からの金融支援を受けなければ、銀行は資本を強化することもできないでしょう。

そのお金は何処から出るのか? 

日本という国にはそんなお金を捻出できる余裕ありません。

追加で国債を刷り続けることになれば、
いよいよもって国債が暴落するリスクが高まります。

そして国債が暴落すれば、更に既存の国債を所有する多くの金融機関が
大量の含み損を抱えることになります。

もう戻れない、国債バブルの最終局面に入ってしまったのだと思います。

地銀・信用金庫・農協・生保など、今までは金利の高い長期国債をただ購入し、保有し続けることで利息を得て、収益を稼ぎだしてさえいればよかった。

しかし今は、日銀が市場から国債を大量に買い上げているため、
単に保有するだけではなく、市場で買って日銀に売る。
トレードも大きく行い始めています。

トレードを行わなければ調達金利に対しての収益を稼ぎきれないのです。

銀行を存続させるために収益を上げ続けなければならず、
そのために国債を保有するだけではなく、
大きなポジションをとったトレードに手を出しているのです。

日銀がいくらでも国債を購入する受け皿になってくれるわけですから、
安心して市場で買い続け、日銀に売り続ければいいのです。

しかし誰もが同じ行為をすれば、どんどんそこで取れる利益の幅は減っていきます。

国債価格が限界に近い高値に近づいているのです。

今までは安定的な買い手が継続し、
そして大きな売り手はあまり存在しなかった国債市場。

4月4日以降、全く流れが変わってしまったのです。

日本の大きな経済混乱の局面に入った時にどうなるか?

今までとは違う国債市場での売り手が大量に存在し始めているのです。

今までの国債バブルとは全く違う局面に入ってきているわけなのです。

行くも地獄、戻るも地獄

国債市場に高まる大きなリスク

どのタイミングで長期金利が跳ね上がり、
国債が暴落してもおかしくない局面に入ってきていると思います。

そこから広がる未来・・・・・
日本にとっては本当にリスクの高い状況に陥っているのです。
チャーリーの経済ニュース解説より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
結局ね庶民目線じゃないんですよ
ちょっと今日はお怒りモードブログなので ...続きを見る
ALFA ROMEO156&悠夢
2013/09/22 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は以前勤務していた東京の会社では最終的に課長でしたが、やはり、収入は減りました。もちろん部下も居なく、やっている実務は、役職無しの時と同じ、技術系の実務でした。んーん、実務内容にあっていない感じでしたけどね・・・。もちろんサビ残も、無駄な残業は当然ですが、出来れば残業はしたくないでした。今回の選挙、僕も今までなら多分投じないと思っていた、某赤い既成野党(笑)に投じようかと・・・。どうも、巨大既成政党や、宗教的政党や、特に、某新興宗教母体政党はおっかないですね。
さんちゃん
2013/07/20 18:17
さんちゃんさん、こんばんわ(^^♪
そうですよね、そもそも政教分離の原則に反してる政党っておかしいですよ、で私、共○主義者じゃないですけど、今回は投じようかな・・・
悠夢
2013/07/20 19:52
こんばんは〜2。WE、不勉強なので知りませんでした。戦記物を読んでると、到底無理・無茶なことを現場に押し付けてますが、今も変わらないなぁってのが正直な感じです。例えが変ですみません(汗)。
私も赤い所にでも・・・(大爆笑)。
粘着留男
2013/07/20 20:00
粘着留男さん、こんばんわ2(*^▽^*)
日本を取り戻すって戦記物の時代取り戻すて事ですかね?
今の現状を招いてる要因の一つに非正規雇用を増やして、正規雇用を守らなくなった…小○、竹○時代の政治のように感じるのですがね。(優秀な人材が首切られ海外へ・・・)
で、今またその時に戻そうとしている・・・非正規増やそう、サービス残業は大いに結構じゃサラリーマン死んじゃいますよね。(=企業の終焉⇒日本が・・・)
これでは赤い所という気にもなってしまいます(笑)
悠夢
2013/07/21 01:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
「ホワイトカラー・エグゼンプション(WE)制度」 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる