悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤蛇のパワステ顛末記」その2 意外と懐思いな奴

<<   作成日時 : 2011/04/27 16:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

赤蛇のパワステ顛末記その1」の続きでありまする。



余震が怖いので

下に潜れる最低限の高さにジャッキアップ

馬をかけ、外したタイヤを車の下に入れ・・・

まずはアンダーカバーを外します。

前から順番にボルトを外していけば良いだけなのですが、

何故かトルクスと六角ボルトの2種類のボルトで止まってます。

なぜトルクスを併用するのかは意味不明

次回外す際はボルトは交換しましょう(今回は持ち合わせないので…)



さてさてカバーも外れたところで

衝撃の事実が判明

赤蛇の中で蛇が口をあけて・・・

その画像がこれでありんス

画像


オット失礼
コレは赤蛇の後ろに赤蛇でした

では

改めて


アッっ、痛ーな画像がコレだー

画像


画像


なんかピンずれですね( TДT)ゴメンヨー
(スペースがなく適当に手を伸ばして写してるので・・ッテ言い訳かよ(^.^;・)



ホースが外れて蛇が口を開けてますぜ

分かりにくいですね、

画像


パワステの配管はまるで蛇のように

エンジン、ミッションの下を這ってます

外れたホースのゴム自身はまだ弾力もあり、膨らみ等もなく

問題はなさそう。

問題はクリップ式?のホースバンド

製造の過程では品質向上にも役立ちそうなのだが

締め付けトルクが微妙に足りてない感じで・・・

とりあえずバンドを写真右のものに交換

画像


ホース取り付け、バンドで締結して後は

オイル補充してエア抜きすればとりあえずパワステの

トラブルは収束なのだ。

パワステオイルは、日本車と同じ。

(DEXRON U、V)規格で良いので

(要するにATフルード一緒なのだ・・・ただし、CVTとか最新の車は
パワステオイル=ATフルードとはいえないので注意しましょう)

普通にホームセンターなんかでも手に入るし

懐にも優しいな。


欧州車や、ホンダ車は違う場合が多いので

オイルの補充や、添加剤など入れるときは

注意しましょう。

瞬間的に予兆もなく

異音と共にパワステが機能しなくなった事

前日まで適量だったリザーブタンクがカラだった事から

ホースのパンクか、ホースの外れのどちらかだとは

思ってはいたのだが

もしかしたらラックだったらメンドイなーと思ったり・・・

憂鬱な日々からは解放されて、ほっ

と一息つくまもなく・・・





さてさて、パワステは大事にならず済んだのだが

気になるのはエンジンオイル漏れなのだな。


・・・・・・

・・・・・・・・

赤蛇のパワステ顛末記その3怒り篇」に続くのだ。




PS.パワステのエア抜きについて

今回ホースが外れてオイルが全量放出されてしまいました。
で、オイルを注入しただけではエアーが噛んでしまい
よろしくありません。
そこでとりあえずタンクをオイルで満たしたら
エンジンをかけハンドルを左右に切ります。

とても嬉しくない音がします。

エアが抜けた分リザーブタンクのオイルは減るので
オイル補充します。

これをなんどか繰り返し、オイルに泡が混ざらなくなったら

エア抜きは終わり。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
赤蛇のパワステ顛末記その3怒り篇
「「赤蛇のパワステ顛末記」その2 意外と懐思いな奴」の続きでありんすよ。 ...続きを見る
ALFA ROMEO156&悠夢
2011/04/29 11:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
扱い難そうなアルファが実は懐に優しい車
だったとは知りませんでしたな〜♪
こんな修理ができる悠夢さんは実に
凄い!ってことも知りました(笑)
とむちん
2011/04/27 19:03
デ〜アイワイが出来るなんて悠夢さんが羨ましいです。

その3が気になりますが、懐が寒くならなくて、良かったですね。

電動パワステは今回の地震で、車が跳ねてしまいセンターがズレた車両があったと聞きましたよ。
ミットモナイト
2011/04/27 19:25
自分で治しちゃうなんて、相変わらずスゴイなぁ〜。どこでこんな技術を身につけたのかな?自分でできるのはうらやましいです。
nas-nas
2011/04/27 20:16
とむちんさん、コメントArigato!
アルファって一時日産と関係していた時代もあり(http://sikamaru-s.at.webry.info/200907/article_38.html←お暇なときでも)世間で思われてるほどのことはないかと・・・。(^^ゞ
修理ってほどのものでもなかったので一安心です。
悠夢
2011/04/28 00:16
ミットモナイトさん、コメントArigato!
懐はもう寒くて寒くてとてもディーラーなんかにお願いできません(泣)。
電動パワステにはそんな弱点があるんですね、知らなかったなぁー。最近の車にはほんと疎いんですよ。
悠夢
2011/04/28 00:21
nas-nas さん、コメントArigato!
師匠がちゃっちゃと電池交換したり、ベルト調整するのと同じですよ。クルマいじり大好き少年でしたから…その辺の事ネタにしますかねぇ〜。
悠夢
2011/04/28 00:31
「ガレージ悠夢」ですね。(尊敬の眼差し)。
私は、原チャリのサービスマニュアル見ただけでも、深い眠りに落ちますよ(爆笑)。
怒り編がスゴク気になりますです。
粘着留男
2011/04/28 07:08
粘着留男さん、コメントArigato!
ガレージ欲しいですねぇー。青空修理なので天候に影響されまくりで、2週間以上車に触れないと禁断症状が…
あっ、私も必要に迫られないとサービスマニュアルは見てるだけで眠くなります。(・・;汗
悠夢
2011/04/28 19:13
本当にレアケースですね。
外れた直接原因はクリップバンドの緩みなのでしょうか。
だとしたら11万キロの走行距離を過ごした私の156も危ないなぁ。
ちなみに私のはインテークマニホールドの締め付けが緩くなってエアーを吸ってたことが発覚し、6本の内2本のクリップバンドを交換しています。

オイル漏れは何故?またまた不謹慎ながら興味津々です。
社会不適合オヤジ
2011/04/28 23:44
社会不適合オヤジさん、コメントArigato!
結構クリップの締め付不足でのオイル漏れというかオイル滲みはあるようですね、私のも図のHの箇所のバンドは交換されてたので、前オーナーの時漏れがあったのかと思い整備記録簿見たらP/Sオイル漏れ△、バンド交換の記載が…。一緒に他の部位も交換しておいてくれれば…。
悠夢
2011/04/29 09:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
「赤蛇のパワステ顛末記」その2 意外と懐思いな奴 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる