悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS さびを防ぐねじの使い方 ステンレスなら安心???

<<   作成日時 : 2009/05/30 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さびたねじを交換するとき皆さんはどうしてますか?
またさびたら嫌なんでステンレス製のねじに交換なんてパターンが多いような
気がしますが・・・・

案外これが落とし穴で次回はずすとき固着して取れなくなってしまうことが間々あります。
ステンレスだからさびないと言って安心できません。ねじの周囲がさびてねじ山に入り込むことで
ねじ固着する結果に・・・
こうなったときってさびさびの鉄のねじはずすより難儀します。

こうなる原因は材質の違う金属が接触すると電位差が生じます
この電位差がマイナスイオンを発生し水分を呼び込みさびが発生します

よく自転車なんかでステンレスのハンドルの取り付け部のねじが錆び錆びに
なっていたり、アルミの取り付けねじが錆び錆びなの見たことがあるかと・・・
車でもアルミホイールのハブナット・ボルトなどがよく錆びさびになっていたり

バッテリー端子部が白く粉を吹くのもこの電位差が悪さしてるのかも・・・

いずれにしろ
ステンは錆びない(と言うかクロムを合有し酸素と結びついた幕・・・ある種錆び・・・に覆われている)
変わりに周囲が錆び、ねじやまにさびが食いついて最悪相手のねじ山をだめにしてしまいます。

メーカーがボディに対してステンのねじを使わないのはコストダウンと言うより
錆び対策の面がおおきいのかなーと感じます
(プラスチック部分とかは普通にステンねじ使っているのを見るにつけ・・・)

と言うことで基本的には同じ種類の金属ねじを使うのがよいかと思いますが
たとへばステンのマフラーを取り付ける等異なる金属の取り付けは
ステンのボルトにモリブデン系のグリースを塗布してとり付けます。

いずれにしろ錆びは発生します、ステンだから、アルミだからと言う過信は危険です
取り付けの際ちょっとさび止め塗るなどの気遣いが後々のメンテを楽なものにしてくれます。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
さびを防ぐねじの使い方 ステンレスなら安心??? 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる