悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS WRC第11戦ラリージャパン、新井敏弘、初日7位

<<   作成日時 : 2006/09/02 09:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

SS2リクベツでは4番手、午後のセクションではSS5で総合5位に浮上と気を吐いた新井敏弘選手ですが、クラッチのすべりのため(スーパーSSではNクラスのマシンにも加速で負けるほど)でフラストレーションのたまる走りになってしまったようです。

総合1位争いはグロンホルムと、ローブの一騎打ち状態に。10.5秒という僅差でグロンホルムがリードしている。3位にはヒルボネンがつけているが、2位ローブとの差は51.6秒とばん回は難しい状況か。以下4位ストール、5位ダニエル・ソルド(シトロエン・クサラ)、6位アトキンソンと続いている。なお、ソルベルグは7位の新井から14.2秒遅れの8位となっている

画像



■WRC第11戦ラリージャパン レグ1リザルト
 Overall times after SS10 / Leg 1
1. Marcus Gronholm BP Ford Focus RS WRC 06 1hour 11mins 01.9secs M1
2. Sebastien Loeb Kronos Citroen Xsara WRC 06 +00mins 10.5secs M1
3. Mikko Hirvonen BP Ford Focus RS WRC 06 +01mins 02.1secs M1
4. Manfred Stohl OMV Peugeot Norway 307 WRC +02mins 20.7secs
5. Daniel Sordo Kronos Citroen Xsara WRC 06 +02mins 54.5secs M1
6. Chris Atkinson Subaru WRT Impreza WRC 2006 +02mins 56.1secs M1
7. Toshi Arai Subaru WRT Impreza WRC +03mins 20.5secs
8. Petter Solberg Subaru WRT Impreza WRC 2006 +03mins 34.7secs M1
9. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC 06 +04mins 04.2secs M2
10. Luis Perez Companc Stobart VK Ford Focus WRC 06 +04mins 42.3secs M2
11. Gareth MacHale Ford Focus WRC +05mins 34.6secs
12. Jari-Matti Latvala Subaru Impreza +08mins 10.7secs P
13. Fumio Nutahara Mitsubishi Lancer Evo +08mins 55.8secs P
14. Leszek Kuzaj Subaru Impreza +09mins 26.4secs P
15. Hiroshi Yanagisawa Subaru Impreza WRX STI +09mins 37.5secs
16. Gabriel Pozzo Mitsubishi Lancer Evo IX +09mins 58.8secs P
17. Marcos Ligato Mitsubishi Lancer Evo IX +10mins 28.3secs P
18. Aki Teiskonen Subaru Impreza +11mins 08.0secs P
19. Seisuke Ohba Mitsubishi Lancer Evo +12mins 40.2secs
20. Dean Herridge Subaru Impreza WRX STI +12mins 53.7secs

Overall PCWRC after SS10 / Leg 1 - Top 10:

1. Jari-Matti Latvala Subaru Impreza 1hour 19mins 12.6secs P
2. Fumio Nutahara Mitsubishi Lancer Evo +00mins 45.1secs P
3. Leszek Kuzaj Subaru Impreza +01mins 15.7secs P
4. Gabriel Pozzo Mitsubishi Lancer Evo IX +01mins 48.2secs P
5. Marcos Ligato Mitsubishi Lancer Evo IX +02mins 17.6secs P
6. Aki Teiskonen Subaru Impreza +02mins 57.3secs P
7. Takuma Kamada Subaru Impreza +04mins 45.6secs P
8. Mirco Baldacci Mitsubishi Lancer Evo IX +06mins 45.4secs P
9. Stefano Marrini Mitsubishi Lancer Evo VIII +21mins 21.3secs P
10. Loris Baldacci Subaru Impreza +27mins 26.9secs P

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラリージャパンでのスバル。その敗因はドライバー、それともマシン?
必勝体制でのぞんだラリージャパン、スバルは苦しい戦いを強いられてしまった。総合優勝の夢は競技1日目にして早くも消えてしまい、日本期待の新井敏弘も目標だったポディウム争いにまったく絡めなかった。果たしてこの状況はドライバーが原因なのか、それともマシンが原因なのだろうか。 結論から言うとマシンが原因だろう。まず何よりもトラブルが多過ぎた。彼らに降りかかった大きなトラブルは、ブレーキと駆動系だった。まずはレグ1でソルベルグがブレーキの制動性能低下に悩まされ大幅にタイムロス、優勝争いから脱落し、またア... ...続きを見る
Motohiroの本音トーク
2006/09/05 09:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
WRC第11戦ラリージャパン、新井敏弘、初日7位 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる