悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカGP 予選 フェラーリ シューマッハ、歓喜のポール

<<   作成日時 : 2006/07/02 08:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

F1第10戦アメリカGPはフェラーリのミハエル・シューマッハーが1分10秒832のタイムで

ポールポジションを獲得した。

予選2番手にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が入り、フェラーリがバーレーンGP以来

となるグリッドの最前列を独占した。3番手にはジャンカルロ・フィジケラが続いた。


スーパーアグリの佐藤琢磨は今季最上位となる18番手、フランク・モンタニーは2

2番手で予選を終了し、明日13時(現地時間)から行われる決勝に挑む。


画像

フリー走行から抜群の速さをみせつけたミハエル・シューマッハは予選も

勢いそのまま唯一10秒台でポールポジション獲得。

マッサも2位に入り、久しぶり(開幕以来)に良い形で決勝を迎えます。





ミハエル・シューマッハ

「すごくうれしいよ! だって、昨日は(FIFAワールドカップで)ドイツとイタリアがそれぞれ準決勝に進出して、今日はポール獲得、しかもフェリペが予選2番手だよ。これ以上、何を望めるだろうか。仕上げは、ぜひとも明日の優勝だね。精いっぱいがんばるつもりだ。他車とずいぶんタイム差が大きいが、パッケージの持てる力を出せば、僕らの競争力がどれだけすごいかという、いい証拠だね」

「金曜日から248 F1は抜群のバランスを保っている。それに加え、ブリヂストンタイヤは、一発の速さとレース距離の速さを見せているんだ。今回はシーズン折り返しのレース。選手権のポイント差を埋める意味で、これからは一戦ごとに重要度を増す。明日から反撃開始だ」

フェリペ・マッサ

「今日はいい一日だった。これでブラジルが(FIFAワールドカップで)準々決勝に勝利してくれたら最高だね。フロントロースタートを決められてうれしいし、それがチームにとってとても重要だ。だが、これからは決勝に集中しなければね」

「今週末、いろいろなセッティングを試して、マシンはどんどん良くなってきた。ブリヂストンタイヤは、1周でも長距離でも素晴らしい。明日はまず、後方のライバルたちに先行されないよう、いいスタートを切ることが重要だ。きっとうまくいくと思う」

ロス・ブラウン

「今週末を通じて、マシンの動きにはとても満足している。早速、金曜日のフリー走行で、ブリヂストンタイヤが耐久性でも速さでも性能を十分に発揮しているのが分かった。決勝でも、それが反映されると確信している。今日はすべての要件が満たされたね」

「先週、そして今週と、いいマシンに恵まれているだけに、カナダの結果にはちょっと失望した。インディではタイヤがより良い働きをしている。それがマシン全体の競争レベルを如実に表していると思う。あとは、いいスタートを切って、望み通りのレースにするだけだ」

ジャン・トッド

「まるで夢のような予選だったね! フロントローが紅に染まったのは今季2回目だ。それをインディで達成できてうれしいのは、いくつか理由がある。まず、フェラーリを応援してくれる、アメリカのファンの声援に報いることができた。さらに、よく働いてくれるチーム、ブリヂストンをはじめとする技術パートナーと商業パートナー、そして個人的にも、すごく喜んでいる。今日は私がスクーデリアで指揮を執りはじめて満13年なんだよ」

「それらを抜きにしても、重要なのはできるだけ多くのポイントを取ること。明日は十分に優勝のチャンスはあるが、同時にそれが難しいことも認識している。そして、その決め手はエンジン周りを中心にした信頼性だ。2台とも高速サーキットで、高温という厳しい条件の下、2戦目のエンジンで戦うわけだからね。安定したタイヤ性能も欠かせない。加えてミスを未然に防ぐドライバーふたりの力量、そしてチームの働きだ。ジグソーパズルのピースがピタッとはまるように物事がうまくいけば、好結果はついてくるだろう」




バリチェロが4位に飛び込み、アロンソは5位から追い上げになります。バリチェロが前ということでスタートで前に出ないといくらアロンソといえ苦労しそうです。


スーパーアグリは今回もセッション2には進めませんでしたが、佐藤琢磨は頑張りを見せ今季

最高の18番グリットからスタートです。当面のライバルであるミッドランドがセッション2に進ん

だのがちょっとびっくりではあります。

佐藤琢磨
「素晴らしい予選セッションだった。今週末はマシンもずっと好調で、フリー走行でも進歩を遂げていた。これまでで最高の予選結果を得ることができたことと、気温が高い中でコンペティティブな走りができたことがとてもうれしい。このポジションから明日のレースをスタートできることを本当にうれしく思うし、今週末のチーム全員の努力に感謝したい」

フランク・モンタニー
「今日もよくない日になってしまった。予選で再びトラブルが生じてしまった。問題解決に気をとられて、集中するのが難しい。今日の予選結果は残念だったが、明日に期待したいと思う」

鈴木亜久里 チーム代表
「今日はチームもよく頑張ってくれた。しかし、フランクのマシンには電気系統の大きなトラブルが発生してしまった。問題はそれ以外にはなかったが、解決策を見つける必要がある。予選に影響が出て、フランクにはかわいそうなことをした」

「一方、琢磨はいい仕事をしてくれた。予選タイムは完璧で、マシンも好調だった。琢磨のメカニックやエンジニアもよく頑張ってくれた。チームにとって初めての18位という結果に満足している。琢磨は2004年のアメリカGPで初めての表彰台を達成しているので、このサーキットにはいい思い出がある。明日のレースでは、琢磨とフランクのふたりがいい結果を出してくれることを期待している」


午前中のフリー走行に続いて行われた公式予選の天候は晴れ、気温33度、路面温度52度、風速2.0m/s、湿度42%というコンディション

F1アメリカグランプリ 土曜日予選結果
Pos. No. Driver             Car         Time Lap  Tire
1 5 ミハエル・シューマッハー  
                    フェラーリ248F1                
                               1'10"832 22  BS
2 6 フェリペ・マッサ 
                    フェラーリ248F1                       
                               1'11"435 23  BS
3 2 ジャンカルロ・フィジケラ  
                    ルノーR26                     
                                1'11"920 27  MI
4 11 ルーベンス・バリチェロ    ホンダRA106                     
                               1'11"920 29  MI
5 1 フェルナンド・アロンソ      ルノーR26                        
                               1'12"109 26  MI
6 17 ジャック・ビルヌーブ      BMWザウバーF1.06                 
                               1'12"449 26  MI
7 12 ジェンソン・バトン       ホンダRA106                       
                               1'12"523 29  MI
8 7 ラルフ・シューマッハー     トヨタTF106B                    
                               1'12"795 29  BS
9 3 キミ・ライコネン         マクラーレンMP4-21・メルセデス             
                               1'13"174 31  MI
10 16 ニック・ハイドフェルド    BMWザウバーF1.06                
                               1'15"885 16  MI
11 4 ファン-パブロ・モントーヤ   マクラーレンMP4-21・メルセデス       
                               1'12"150 12  MI
12 9 マーク・ウエーバー      ウイリアムズFW28・コスワース           
                               1'12"292 13  BS
13 21 スコット・スピード      トロロッソSTR01・コスワース             
                               1'12"792 14  MI
14 19 クリスチャン・アルバース  ミッドランドM16・トヨタ            
                                1'12"854 9  BS
15 18 ティアゴ・モンテイロ    ミッドランドM16・トヨタ                
                               1'12"864 9  BS
16 15 クリスチャン・クリエン   レッドブルRB2・フェラーリ            
                               1'12"925 12  MI
17 14 デイビッド・クルサード   レッドブルRB2・フェラーリ             
                                1'13"180 6  MI
18 22 佐藤琢磨          スーパーアグリSA05・ホンダ                 
                                1'13"496 6  BS
19 10 ニコ・ロズベルグ      ウイリアムズFW28・コスワース             
                                1'13"506 7  BS
20 8 ヤルノ・トゥルーリ      トヨタTF106B                       
                                1'13"787 3  BS
21 20 ビタントニオ・リウッツィ  トロロッソSTR01・コスワース          
                               1'14"041 10  MI
22 23 フランク・モンタニー    スーパーアグリSA05・ホンダ            
                               1'16"036 4  BS
17位〜22位までは、第1セッションのタイム
11位〜16位までは、第2セッションのタイム
1位〜10位までは、第3セッションのタイム 、周回数は全セッションを通した周回とする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
アメリカGP 予選 フェラーリ シューマッハ、歓喜のポール 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる