悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 話題満載!!ドイツGP ホッケンハイム

<<   作成日時 : 2006/07/23 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

 遂に遂にスーパーアグリSA06がデビュー、山本左近のF1デビュー戦でもあります。

モンタニーの事を考えると複雑な気分ではありますが、来期もレギュラーシート獲得できるよう山本左近には頑張って欲しいものですね。

ところSA06の出来栄えが気になるところですが、佐藤琢磨によれば、かなり良い感じで仕上がっているようですね。まだまだ完成形とはいきませんが(特にフロンと回りはまだまだ此れから???)リヤ周りがシンプルになり重心もかなり下がり今風のマシンになっているようです。(やっぱおしりのしっかりした車はF1に限らず=と言うか車に限らず=安心感ありますしね)

SA06のデビュー戦期待したいですね。

 ルノーVSフェラーリ・・・アロンソVSシューの戦いも楽しみでありそこに絡んできそうなトヨタ・トゥルーリの走り等々話題満載のGPであります。

 個人的希望を言わせてもらえば、フェラーリのワン・ツー、トヨタの表彰台ゲット、アロンソ4位以下に沈み・・・なんていう展開になってくれると、ポイント争いも白熱して面白くなるんですが・・・・。(今のアロンソを見ていると3位以下ってありえなそうですが・・・・)

 いずれにしろ話題満載のドイツGPではあります。


画像国名 : ドイツ(ホッケンハイム)
サーキット名 : ホッケンハイムリンク
サーキット全長 : 4.574 km
ラップ数 : 67Lap(306.458km)
予選ラップレコード : ミハエル・シューマッハ(フェラーリ) - 1'14"389(2002)





ドイツグランプリ(ドイツGP, German Grand Prix)は、1951年の初開催当時、ニュルブルクリンク北コースにて開催されていた。アヴスで開催された1959年と、ホッケンハイムで開催された1970年以外は全てニュルブルクリンクで開催されていたが、1976年にフェラーリのニキ・ラウダが瀕死の怪我を負う大クラッシュを起こした為、翌1977年よりホッケンハイムにて開催されるようになった。1985年には前年ヨーロッパグランプリで使用されたニュルブリクリンク南コースにて開催されたが、これ以降は再びホッケンハイムで開催されている。

このホッケンハイムは超高速サーキットとしてF1を開催するようになったが、抜きどころがなくあまりにも退屈なレイアウトでありスピードが出すぎるため、1982年に3個のシケインが設置された。それでも依然として高速サーキットとしての特色は失われず、1990年頃にはドイツグランプリの直前に開催されるフランス(ポール・リカール)、イギリス(シルバーストーン)と高速サーキットのレースが続く夏場のラウンドを形成した。

しかしこのホッケンハイムも1990年代後半に入ると、速度抑制と安全性確保の観点からシケインが増設・改修され始め、高速サーキットとしての特色は徐々に失われ始めた。そして2003年からは、セパンや上海などを設計したヘルマン・ティルケの設計により、スタジアム・セクション側を中心とした中低速サーキットに改修されている。


1959年、史上最もコーナー数の少ないアヴスで開催されたドイツグランプリは、1920年にオープンしたサーキットで、左ヘアピンカーブと、緩い右カーブの直後に設置された43度左バンクカーブを、それぞれ4km近いストレートで結んだだけというホッケンハイムをも凌ぐ超高速レイアウトである。全長も8.300kmと非常に長く、ヨーロッパには珍しい左回りのサーキットで、同年とても速度が出ることで有名なオーバルで開催されるインディ500での優勝平均速度が218.622km/hであったにもかかわらず、このレースで優勝したトニー・ブルックスの平均速度は230.686kmを記録し、当時の最高速記録を更新した。この記録が破られたのは8年後の1967年のベルギーグランプリであるが、エンジンの規定排気量が2割も大きくなったあとであり、驚嘆すべきことである。

長らくドイツ人の勝者がいなかったが、1995年にベネトン・ルノーのミハエル・シューマッハがドイツ人として初勝利をあげている。(2005年現在ではミハエル・シューマッハが3勝、ラルフ・シューマッハが1勝)




年 決勝日 ラウンド サーキット 勝者 所属チーム
1951年 7月29日  6 ニュルブルクリンク
                               アルベルト・アスカーリ フェラーリ

1952 8月 3日  6 ニュルブルクリンク
                               アルベルト・アスカーリ フェラーリ

1953 8月 2日  7 ニュルブルクリンク
                               ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ

1954 8月 1日  6 ニュルブルクリンク
                               ファン・マヌエル・ファンジオ  メルセデス

1956 8月 5日  7 ニュルブルクリンク
                               ファン・マヌエル・ファンジオ  フェラーリ

1957 8月 4日  6 ニュルブルクリンク
                               ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ

1958 8月 3日  8 ニュルブルクリンク
                               トニー・ブルックス ヴァンウォール

1959 8月 2日  6 アヴス
                               トニー・ブルックス フェラーリ

1961 8月 6日  6 ニュルブルクリンク
                               スターリング・モス ロータス

1962 8月 5日  6 ニュルブルクリンク
                               グラハム・ヒル BRM

1963 8月 4日  6 ニュルブルクリンク
                             ジョン・サーティース フェラーリ

1964 8月 2日  6 ニュルブルクリンク
                             ジョン・サーティース  フェラーリ

1965 8月 1日  7 ニュルブルクリンク
                             ジム・クラーク    ロータス

1966 8月 7日  6 ニュルブルクリンク
                             ジャック・ブラバム   ブラバム

1967 8月 6日  7 ニュルブルクリンク
                             デニス・ハルム  ブラバム

1968 8月 4日  8 ニュルブルクリンク
                             ジャッキー・スチュワート マトラ

1969 8月 3日  7 ニュルブルクリンク
                             ジャッキー・イクス  ブラバム

1970 8月 2日  8 ホッケンハイム
                             ヨッヘン・リント   ロータス

1971 8月 1日  7 ニュルブルクリンク
                             ジャッキー・スチュワート ティレル

1972 7月 30日  8 ニュルブルクリンク
                             ジャッキー・イクス   フェラーリ

1973 8月 5日  11 ニュルブルクリンク
                             ジャッキー・スチュワート ティレル

1974 8月 4日  11 ニュルブルクリンク
                             クレイ・レガッツォーニ  フェラーリ

1975 8月 3日  11 ニュルブルクリンク
                             カルロス・ロイテマン ブラバム

1976 8月 1日  10 ニュルブルクリンク
                             ジェームズ・ハント マクラーレン

1977 7月 31日  11 ホッケンハイム
                             ニキ・ラウダ   フェラーリ

1978 7月 30日  11 ホッケンハイム
                             マリオ・アンドレッティ   ロータス

1979 7月 29日  10 ホッケンハイム
                             アラン・ジョーンズ  ウイリアムズ

1980 8月 10日  9 ホッケンハイム
                             ジャック・ラフィー    リジェ

1981 8月 2日  10 ホッケンハイム
                             ネルソン・ピケ    ブラバム

1982 8月 8日  11 ホッケンハイム
                             パトリック・タンベイ   フェラーリ

1983 8月 7日  10 ホッケンハイム
                             ルネ・アルヌー   フェラーリ

1984 8月 5日  11 ホッケンハイム
                             アラン・プロスト   マクラーレン

1985 8月 4日  9 ニュルブルクリンク
                             ミケーレ・アルボレート  フェラーリ

1986 7月 27日  10 ホッケンハイム
                             ネルソン・ピケ    ウイリアムズ

1987 7月 26日  8 ホッケンハイム
                             ネルソン・ピケ    ウイリアムズ

1988 7月 24日  9 ホッケンハイム
                             アイルトン・セナ     マクラーレン

1989 7月 30日  9 ホッケンハイム
                             アイルトン・セナ     マクラーレン
1990 7月 29日  9 ホッケンハイム
                             アイルトン・セナ    マクラーレン
1991 7月 28日  9 ホッケンハイム
                             ナイジェル・マンセル   ウイリアムズ

1992 7月 26日  10 ホッケンハイム
                             ナイジェル・マンセル   ウイリアムズ

1993 7月 25日  10 ホッケンハイム
                             アラン・プロスト     ウイリアムズ

1994 7月 31日  9 ホッケンハイム
                             ゲルハルト・ベルガー    フェラーリ

1995 7月 30日  9 ホッケンハイム
                             ミハエル・シューマッハ   ベネトン

1996 7月 28日  11 ホッケンハイム
                             デイモン・ヒル    ウイリアムズ

1997 7月 27日  10 ホッケンハイム
                             ゲルハルト・ベルガー   ベネトン

1998 8月 2日  11 ホッケンハイム
                             ミカ・ハッキネン    マクラーレン

1999 8月 1日  10 ホッケンハイム
                             エディ・アーバイン    フェラーリ

2000 7月 30日  11 ホッケンハイム
                             ルーベンス・バリチェロ    フェラーリ

2001 7月 29日  12 ホッケンハイム
                             ラルフ・シューマッハ  ウイリアムズ

2002 7月 28日  12 ホッケンハイム
                             ミハエル・シューマッハ   フェラーリ

2003 8月 3日  12 ホッケンハイム
                            ファン・パブロ・モントーヤ ウイリアムズ

2004 7月 25日  12 ホッケンハイム
                             ミハエル・シューマッハ   フェラーリ

2005 7月 24日  12 ホッケンハイム
                             フェルナンド・アロンソ     ルノー
2006 7月 30日  12 ホッケンハイム
???????

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スーパーアグリフォーミュラー1チーム、SA06のシェイクダウンを終えドイツへ
  佐藤琢磨は水曜日にシルバーストンでSA06-03を初ドライブ、山本左近は木曜日にサンタ・ポッドでSA06-04をドライブ。二人のドライバーは必要な走行周回数と走行距離をこなしスーパーアグリフォーミュラー1チームはSA06& ...続きを見る
にこらすの徒然なるままに・・・part2
2006/07/23 14:37
BRM
 来週はドイツGPです。大勢のシュマッハーびいきのドイツ人で Hockenheim は賑わうでしょう。そうです。多くのドイツ人にとってシュマッハーがすべてでとにかくシュマッハーがどんな形でもいいので勝つことが重要なんです。ライバルのドライバーがリタイヤすると大歓声があがります。そういうドイツ人たちには全く共感できませんでした。  そのすぐ後には Nurburgring で Old Timer Grand Prix があります。今年はドイツGPの2週間後のようです。こちらは本当に楽しいイベ... ...続きを見る
Racing Retro
2006/07/23 20:39
「話題満載!!ドイツGP ホッケンハイム」について
「話題満載!!ドイツGP ホッケンハイム」について ...続きを見る
Racing Retro
2006/07/23 20:40
スーパーアグリF1のSA06
ついに今回のドイツグランプリから スーパーアグリF1のニューマシンSA06が 投入されましたね。 ...続きを見る
エブリダイアリー
2006/08/04 15:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大きいスーパーアグリSAなど言ったよ
ゆうは、F1など言ったよ
スーパーアグリSAとスーパーアグリSAなど言ったよ
ゆうたちが、大きいスーパーアグリSAとか、スーパーアグリSAとか大きいスーパーアグリSAやスーパーアグリSAと、F1をデビューしなかった。
http://www.blogpet.net/profile.php?id=a653086851b962f81dac8b08a1f8895b
BlogPetのゆう
2006/07/25 11:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内 ウェブ

にほんブログ村

肺がん ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村
話題満載!!ドイツGP ホッケンハイム 悠夢〜ALFA ROMEOと肺がんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる